Pages

10 May, 2010

1Q84 -book 2-

生まれ方は選べないが
死に方は選べる

1Q84 -book 2- 読み終わりました

現実と空想と理想
3本のリボンが巻き上がり結びつく
大切な人へのプレゼントのよう丁寧に

それでいてどこか軽やかで揺れている
風になびかれる旗のように
時として強くしなやかに

芯の通ったストーリーでありがながら一方的ではない
心に与えられる自由はとても広い作品

光があたるその先に影ができるのではなく
影が光を支えている

光が影を作っているわけではない

お互いが合わさり1つのものなんだと思います

book 3にも期待しています

No comments: