Pages

31 May, 2013

Freedom in 30 min

この2日間ギターと歌だけで
30分間なんにも考えずに演奏しそれを録音している

録ったものを聴くのに30分
計1時間かけているがこれはなかなか面白い

なんにも考えずに曲即興したり弾ける曲を弾いたり
行き当たりばったりの30分

今この文章は今録ったテイクを聴きながら書いているのだけれど
いろいろ思い出してくる

一緒に音楽をやっている仲間の事や
ギターのメンテをしていただいている方の事
家族や友人に至るまで

今年に入りしばしば歌うようになり
未熟者なりに歌う事の楽しさを少しづつだけれど理解してきている気もする
事実昨日のテイクより今日のテイクの方が良い

なにかに挑戦することは良い
いつまでもそうありたいと思う気持ちを持ち続けていきたい

思えば私はいつでも長い時間をかけて
自分にとって本当に必要なもの選別し獲得してきた

急激に熱くなるものは冷えやすい
特に音楽は飽き症の私にとって長く付き合えているかけがえのないものだと思う

30分のテイクのなかで
今『eeee』として一緒に音楽をやっている
井田君の曲『Bounce』を演奏したのでそこだけのせます

2013.05.31 Bounce / 13.42mb
https://www.dropbox.com/s/idfmi4y29kab1v8/Bounce.mp3

よかったら聴いてみてください

03 May, 2013

2013.05.03

私は家具や服、時計や身につけるアクセサリーに至るまで
身の回りに気に入った物しかない置かない質であり
それらに囲まれている現状にとても満足しているが

それでも今とても欲しているものがあり
それが目の前で『霞』がかっている。

もし、その『霞』が晴れたなら
それは今まで開けた事がない扉が開き
差し込む光と共に新たな自分自身と出会うきっかけになるのだろうと思う。
それが私にとってどんな役割を持つかはわからないけれど。

その『霞』は手を伸ばせば届くくらいにも感じられるし
また、力づくでそれを拭い去り掴むこともできるはずなのに
それをしない自分がいる。

今現在感じる事は私はそれを自分から探しにいっては行けない気がする。という事である。
地図のある宝探しではないと言う事だ。

それはある種の意思のようなものがあって
漠然な言い方ではあるが
ちょうど良いタイミングで私のもとへ降り立ってくれる。

何年も前に失くした物がひょんなとこから見つかるように。

そして、そのタイミングが私のもとに訪れるのは
そんなに遠くないという事も強く感じる。
さらに、それは私にとって期待以上の力を与え
なにか大きく私をプラスの方向へ導いてくれるのではないかと思う。

私の中ではすべてはそのような偶然の積み重ねで
人生は仕上がっていくのだと思い
その流れに身を任せて行く事で
この先も豊かに生きていけるような気がする。