Pages

15 November, 2010

2010.11.14 @ Shibuya Song lines



動画は
2010.11.14 @ Shibuya Song lines
のライブでSEに使った
Arcade Fire - Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)

---

演奏の最中
ふと上を見上げたとき天井が見えた

そこが自分の描く世界の伝わる
限界地点なのかと感じてしまい
一気に冷めてしまったことがある

重くのしかかる現実と
どこまでも広がる想像の世界がぶつかる

私の人生経験の中で
理想と現実のギャップを
経験した瞬間

---

あの感覚に陥ることが怖くて
一時 天井がある場所で
音楽に触れる事を避けていたことがあります

ただこんな事で
素晴らしい音楽に触れられる瞬間を
沢山逃す事になると思うと

私の中でそれは直ちに
『克服しなければいけないこと』
のひとつになりました

それから しばらくの間は
どんなライブへ行っても
心の底まで楽しむ事ができなかったことは
誰でも容易に想像できると思います

結局 とある演奏を見たときに
克服への道が切り開かれたのですが

その答えとは
『眼を瞑りひたすら音楽に身を委ねること』

指の先端の動きから
思考の果てまでのすべてを受け入れる

手だけでリズムを刻んだり
身体だけ横に揺れたり
ずっと飛び跳ねてたり
様々な反応があるのですが

私の最も好きなのが
踊り:思考 = 2:8の状態

身体はゆっくり左右に揺れながら
頭の中では無限の世界が描かれている

この状態を私は
『骨抜きにされた』
と言い最高評価のひとつになります

---

前夜のライブでの私は
どう考えても気持ちよく良い状態に浸れてた

もちろん演奏面での問題や
今後の課題は山ほど残る
にしても 自分でも良かったと言える
ライブができたことが嬉しい

ただ 今の自分だと
心の中のすべてを晒すことができたとしても
まだ伝えきれない気がする

少し古臭く私の嫌いな言い回しでありますが
どうせ死ぬまで続ける事だし
気長に『自分探し』をしようと思います

観ていただいた皆さん
共演者・Song Linesのスタッフの方々へ
ありがとうございました

そして 相方の高近くん
あなたの声は時折
どこまでも広がる宇宙を感じ
とても心地いいです

No comments: