Pages

19 July, 2013

I am not anyone else.

いろいろ考えていたら
少しわからなくなってしまったので自分の考えを整理しました。

『音楽』についてです。

私はいろいろな音楽が好きで
よく聴く本当に自分が好きな音楽や新しい刺激を得られるものなどまで様々。
気分によってそのいろいろを聴き分けています。

時代には流行り廃りの流れがあり
音楽にもそれが当てはまると言えると考えています。

もし曲を作り誰かになにかを伝える場合
その時代の流れに合わせるということはとても重要だと思います。

理想を言えばそれらと
自分の個性が綺麗に融合できれば1番良いのではないでしょうか。

そんなことを考えていながら
現在の日本で流行っている音楽を聞いていたのですが

もうかれこれ10年以上テレビも持っていないし
意識して日本の音楽を聴かないようにしていたので
今更ながら聴いても、もうすでに理解ができなくなっていました。

どれを聴いてもとてもわかりやすいし
なによりとてもポップなのに
胸を鷲掴みにされるようなそんな気持ちになるものは皆無。

こんな世界に立たされているのに
自分がやっていることが通用するのだろうか。

そんな気持ちにならざるを得ません。

そんなこんなで少し困惑していたのですが
少し考えそこででた答えは
それならあえて流れに乗るのではなく
自分がその流れを作ればいいんじゃないかという事。

そう考えてやればもっと自分に自身を持って演奏できるし
本当の意味で自分のやりたいことを追求していけばいい。

いつもそういう生き方を選んできたから
自分に素直になろう。

今eeeeでできている音楽はとても自分に合っていると思う。

一見わかりにくいかもしれないけど
100回聴いても飽きない演奏をしている自信がある。

ライブでどんな反応が得られるか楽しみだ。

No comments: