Pages

01 September, 2014

Andrés Segovia

クラシックギター界の巨匠
『アンドレス・セゴビア』はトレモロが苦手だった。

とある日、彼がアルハンブラの想い出の
レコーディングを依頼されたとき
彼は1年近くその1曲を弾き続けた。

そして、レコーディング当日に1回のみ演奏し
それからもう2度と演奏することはなかった。

私はこの話を聞いた時
どれだけ早く階段を駆け上がろうとしてたのだろうかと思った。

もう少しゆっくりでも悪くない。
ただ自分が納得行くまで続けよう。

No comments: